4月1日エイプリルフール、フランスは「Poisson d’avril 」 ポワソン・ダブリル

4月1日は、エイプリルフール。
フランス語でエイプリルフールは、「Poisson d’avril ポワソン・ダブリル」と言って、Poisson=魚、avril=4月、直訳すると“4月の魚”の意味になります。

どうして、Poisson d’avril(4月の魚)なの

「Poisson d’avril」の由来も諸説あるようですが、例をあげると次のようなものが

  • フランスでは魚の産卵期4月1日以降は、釣りが禁止になるので、4月1日に釣果のない釣り人をからかって、鰊(仏:hareng)を川に投げ込み釣らせたことからはじまったと言う説や、
  • 魚は鯖(仏:maquereau マクロー)のことで、サバはあまり利口ではないため4月になると簡単に釣ることができるから4月1日に魚を食べさせられた人を「4月の魚」というようになったという説などがあるようです(その他にも諸説あり)。

Poisson d’avrilといえば?

フランス菓子の中で、エイプリルフールに関連したものを調べてみましたが、特に伝統菓子などは見当たらず、パティスリーや惣菜屋で、「Poisson d’avril」の「魚」にちなんで、魚形をしたチョコレートやお菓子、魚の形のパイ包み焼きが販売されていたりすることも。そして、「Poisson d’avril」には、子供たちは、魚の形の紙をこっそり相手の背中に貼って、からかったりするいたずらをしたりもします。

ポワソン・ダブリルの過去記事はこちら

Poisson d'avril エイプリルフール
エイプリルフールは、フランス語で「Poisson d'avril (4月の魚)」。 その起源は諸説あるようですが、フランスではじまったとの話も。 ポワソンダブリルについてのお話、フランス語の勉 ...

魚料理のおすすめ本

美食の街で知られるリヨンの料理人協会Toques Blanches のシェフによる淡水魚を使った料理のレシピ集。
レシピから料理の表現まで、500問のお料理クイズ本。
異国情緒がたっぷりな、タジンのレシピ集。魚を使ったタジンは、スパイス使いの参考にも。

 

それでは、よい1日を
Bonne journée à tous
アヴェッカヌフ avec 1 œuf
—————————————————————-

フランス語のおいしい本屋 オンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました