11月1日トゥーサン(諸聖人の日)の伝統的なお菓子、二フレット/ Les Niflettes, pâtisseries traditionnelles de la Toussaint

11月1日は、カトリックの祝日で諸聖人の日(万聖節)。
La Toussaint, c’est la (fête de) tous (les) saints.

フランス語では“La Toussaint(トゥーサン)”、語彙を直訳すると「Tous(すべて) + saint(聖人) 」の意味になります。

La Toussaint の伝統的なお菓子が「Niflette( ニフレット)」で、
ユネスコ世界遺産登録の中世市場都市Provins(プロヴァン)のスペシャリテ、“La Niflette de Provins”(プロヴァンのニフレット)。
円形のフィユタージュ生地にfleur d’oranger(フルールドランジェ)で風味づけしたクレーム・パティシエールを詰めて焼いたシンプルなお菓子です。

*今年も、58mm菊型で抜いた生地の上に、硬めに炊いたクレーム・パティシエールを絞って焼いてみました。

(リング状にくり抜いた生地を上に重ねて、中央のくぼみにクリームを絞る作り方もあるようです。)

 

二フレットの名前の由来などは、以前のエントリー記事で紹介しています。

La Niflette de Provins pour la Toussaint トゥーサンとプロヴァンのニフレット
11月1日は、カトリックの祝日で諸聖人の日(万聖節)で、聖人や殉教者讃える日。 フランス語では“La Toussaint”、お墓に菊の花を供えに行く人も多いようです。 La Toussaint ...

素朴な仕上がりのお菓子ですが、パリッとした生地と、
フルール・ド・ランジュの風味が爽やかで、ひとつ、またひとつと後引く美味しさです。

 

フランス伝統菓子のフランス語レシピ本などは、
フランス語のおいしい本屋オンラインショップで販売しています。

10月31日がハロウィンでしたが、12月のクリスマスなどでも手作りのお菓子などおすそ分けする際には、アレルゲンのイラストが入ったこちらのカードも便利ですよ。

 

 

une bonne journée à tous
それでは、みなさま素敵な1日を
フランス語のおいしい本屋
avec 1œuf

タイトルとURLをコピーしました