【4月に作りたいフランス菓子】ニ・ド・パック Nid de Pâques, l’un des gâteaux à faire pour la Pâques

3月・4月に作りたいフランス菓子で、思い浮かぶのは、「復活祭(仏:Pâques)」にちなんだお菓子です。
Pâques(パック/復活祭/英:イースター)は、春分後の最初の満月の次の日曜日で、移動祝日です。2019年は今週末4月21日が Pâquesになります。
この時期、お菓子屋さんにはうさぎ・魚・鶏・卵などをかたどったチョコレートが軒先を彩りますが、この他にもいろいろな復活祭のお菓子が作られています。

アルザスの復活祭のお菓子 Pascal d’Agneau

復活祭のフランス菓子で、私がよく作るのは、アルザス地方の郷土菓子「Pascal d’Agneau パスカル ダニョー 」、羊の形をしたお菓子です。(別名でAgneau Pscal とも、Lamanaとの呼び方もあります)。


由来などは以前の記事でご紹介しています。

Joyeuses Pâques à tous ! 2018年は4月1日が復活祭です
Pâques(復活祭)は、キリスト教の移動祝日で、今年2018年は4月1日になります。 4月1日といえば、“Poisson d'Avril(ポワソン・ダブリル/英エイプリルフール)”。 この時期に ...
Paques 復活祭
今週末4/8はPâque(復活祭)。 Pâque は、Mardigras(マルディグラ)以降40日間続くCarême (節制の期間)後、 キリストの復活をお祝いする日 ...

– アルザス地方の料理本-

ニ・ド・パック、どんなお菓子?

Nid de Pâques(ニ・ド・パック)の “ nid ” はフランス語で「巣」意味で、復活祭のシンボル、卵や鶏をイメージさせるよう鳥の巣のように仕上げたお菓子です。
いろいろなアレンジがあるようですが、ジェノワーズ系の生地にクレーム・オ・ブールを合わせて、チョコレート細工を鳥の巣のように飾ったものが多いようです。他には、シュー生地を大きくリング状に焼成して、鳥の巣のようにデコーレーションを加えたり、「巣ごもり」の雰囲気を出せれば、生地やクリームの組み合わせは様々にアレンジが効きそうですね。

生地ジェノワーズ系の生地にクレーム・オ・ブールを合わせたものや、シュー生地系まで様々なアレンジあり
特徴 鳥の巣をかたどったお菓子
季節・行事Pâques (パック/復活祭)
春分後の最初の満月の次の日曜日

Christophe Felderさんのニ・ド・パック

アンリシャルパンティエのテクニカルアドバイザーを務めていた、パティシエのクリストフ・ フェルデールさんのni de Pâquesのレシピです。
Le nid de Pâques de Christophe Felder

Le nid de Pâques de Christophe Felder pour 8 personnes - Recettes Elle à Table
Un délice gourmand qui ravira petits et grands.. Découvrez la préparation de la recette "Le nid de Pâques de Christophe Felder"

クリストフさんはフランスでレシピ本を多数出されていて、
工程がわかりやすい本も多いです。
おすすめレシピ本は、こちら

 

さて、初夏の5月にはどんなフランス菓子が食べたくなるのでしょうか。

 

Bonne journée à tous !
それでは、皆様よい1日を

アヴェッカヌフ avec 1 œuf
—————————————————————-
French cookbook store / Design・DTP / Making sweets
https://avec1oeuf.net
フランス語のおいしい本屋 オンラインショップ
http://shop.avec1oeuf.net

タイトルとURLをコピーしました